食後にコーヒーを飲んでから

俺は昔から採り入れるのが速い人間でした。
更に急いでおるわけでもないのに、速いって10取り分でごはんが終わっていました。
その理由として一番幅広いのがあんまり噛まなかったことです。
お味噌汁などで送り込むようにして採り入れるのが適切になっていて、噛むことを全く意識していませんでした。
そのせいなのか、食事をしてから少しすると腹部が鎮まるという状態が続いていました。
たまたま腹部が収まる通り、また何かを食べてしまうという手詰まりが続き体重が増加し積み重ねる片方でした。

このままではだめだと思い、一念発起して減量を始めることにしました。
まず最初にはじめたのはゆっくりと取るということを噛みしめることです。
年月の目安としては最低でも20取り分はかけて食べてある。
無論ただ時間をかけて長々召し上がるというわけではなく、よく噛んでから飲むようにしています。
それによって満腹核心が刺激されますし、じわじわ食べる結果血糖値打が急上昇することも抑えられます。

次に俺は食後からほぼ半してからコーヒーを呑むようにしています。
コーヒーにはクロロゲン酸が含まれます。
クロロゲン酸には脂肪がたまるのを抑えてくれたり、胃液分泌を活発にできるという効果が期待できます。
なので、コーヒーは減量にはピッタリの飲み物なのです。
けれども悪徳コーヒーで飲まなければ意味がありません。
ノンカフェインのコーヒーも良いので、眠る前に呑む場合はカフェイン答弁のものを選んでください。
無論満載飲んだからといって、たくさんのインパクトが得られるというわけではないので1日に3~6杯近くにとどめておいてください。

また、コーヒーは運動をする前に飲むと新陳代謝が上がる結果によって良い脂肪燃焼に役立つとも言われています。
それで食後にコーヒーを飲んでから、半ほど時間をおいてから散歩に出てみると良いと思います。

どんどんゆっくりとごはんをし、ホッとしてからコーヒーを飲み込むという減量をどうしても試してみてください。ピル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です